ネッネットショッピング

どうやって買い物をするのか

ネットショッピングをしてみたいけれど、どうやって買い物をしていいのかわからないと言う人はいるでしょうか。そんな方のために、簡単にですが説明していきます。まず第一に、何が欲しいか考えましょう。どんなものがあるのか、ダラダラと眺めているのもウィンドウショッピングよろしく、面白いものです。しかし、お店や商品があまりにも多すぎるため、無駄に時間を浪費することに繋がります。ほしい商品が決まったら、レビューを見てみましょう。ないところもありますが、ある場合は少しでも目を通してみましょう。レビューには率直な意見が書かれているので、それを参考に本当に自分にとって必要かどうかを考えましょう。購入を決めたら、カートに入れます。カートとはレジカゴのことですね。「カートに入れる」「購入する」などというボタンがあるので押しましょう。カートの中身を確認し、正しければ購入ボタンを押します。その後で個人情報を入力します。これが届け先などになるわけです。会員登録しなければいけないところもあるので注意して下さい。そして、お支払いの方法を決定します。最終確認が終われば完成です。注文後はメールが送られてくるのでそちらも確認しておきましょう。

支払の方法

インターネットで買い物をした時は、何で代金を支払えばよいのでしょうか。これはお店によっても少々違ってくるのですが、代表的なものを紹介しておきます。まずは、コンビニ、郵便局払いです。これは、商品に払込用紙が同封されてくるのでそれを使って代金を支払います。支払いには期限があるので、過ぎてしまわないように気をつけましょう。期日を過ぎるとその用紙では支払いできないこともあります。さらに何度も滞るようなら、今度からはこの支払い方法が利用できなくなる可能性もあります。次に、ネットバンキングを利用した支払いです。ネット上に口座を持っていればそこを利用できますので、大変便利です。似たようなもので、ネットマネーでの支払いがあります。WEBマネーやビットキャッシュと言った、ネット上で使えるプリペイドカードがあり、それを使って支払いをすることが出来ます。ネットマネー自体はコンビニ等から購入できます。それから代金引換です。商品が届くと同時に、宅配業者にお金を渡します。宅配業者という第三者を間に入れるため、大抵手数料がかかります。最後にクレジットカードの利用です。これはほとんどのショップで利用できる上、手数料も、支払いに出かける手間もかからないので大変便利です。

ネットショッピングとネットオークションの違い

ネットショップ、オンラインショップとは、インターネット上で商品を販売しているサイトのことです。この中にはネット上のショッピングモールなども含まれます。企業や個人、小売店、メーカーなどオーナーは様々です。また、個人が仲介業者を通して売っている場合もあります。個人であっても企業届けを出さなければならない、「特定商取引法に関する表示」として住所や本名を書かなければならないなどの決まりがあります。その為、大抵の場合確実に商品が手元に届くので、安心して買い物をすることが出来ます。ただし、中には詐欺まがいのところもあるので気をつけましょう。一方ネットオークションとは、インターネット上の競売のことで、ひとつの商品に購入を希望する人たち複数が値段を提示し合い、最終的に最も高値だった人に落札されるシステムのことです。こちらは、思わぬ安値で購入出来るメリットも有ります。しかし、ほしい商品が必ず手に入るわけではないというデメリットも存在します。さらに、割と誰でも参加できるということもあり、中には詐欺を働く人もいます。例えば、商品が展示しているものと違う、劣化しているなどや、お金だけを受け取って標品が届かないなんていうこともあります。